最新相談事例

最新相談事例

不動産 賃貸賃貸物件オーナーからの入居者トラブルについての相談

「問題は、入居者だけではない。管理会社にも問題が!」

リーマンショック以降の不景気で、失業した入居者が家賃を払えなくなり滞納。管理会社は「連帯保証人に連絡したが全く取り合ってくれない。」の一言で、通りいっぺんの対応しかしてくれない。

  • 物件写真
  • 物件写真
  • 物件写真

結局、滞納分の家賃は、あきらめた。せめてもの救いは、入居者が居座らずに出て行ってくれた事だった。

そんな時に、家づくり代理人のところに、相談がありました。

相談の内容は、入居者が出て行った後に、汚れた室内をきれいにする掃除とリフォームの見積り内容と価格が適切か?というものでした。

でも相談者の相談の本意は、トラブルに対するぶつけ所の無い怒りを聞いて欲しい!今後どうすればよいのか?と言うところにあると判断して、家づくり代理人のアドバイスは、「このトラブルの問題点は、入居者よりも、むしろこの賃貸物件の管理を任せていた不動産管理会社にありますよ。今後の管理も同じ会社に任せたら、また同じような問題が起こる可能性が高いのでは?」とお話しました。

  • 物件写真
  • 物件写真
  • 物件写真

もちろん、入居者が家賃を滞納したことの責任は、この不動産管理会社にはありません。しかし、この様な問題を防ぐために、例えば、家賃保証会社を使うなど、いくつかの対策をとっておくことは、できたはずです。
最近では、入居して一ヶ月目から家賃滞納というケースも、あるようです。

相談者がこの不動産管理会社に確認したところ、今後の入居者に対しても、今まで通りに契約していくとのことで、何の対策も取ろうとしないようです。
これが一番の問題ですが・・・

最近では、定期借家契約などで不良入居者に対して、正当に対抗できるように対策を講じている不動産管理会社が増えているのに、、、問題です。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例