最新相談事例

最新相談事例

リフォーム 古い家を賃貸住宅にする相談

「古い家でも化粧すれば、すぐに借り手が現れる」

使われなくなった実家の一戸建てを、賃貸住宅として貸していましたが、3月末に入居者が家を購入することになり出て行ってしまって…

それが賃貸シーズンと言える2月、3月が過ぎた後の4月に新しい入居者見付けることになり、難しい状況でした。まして、家賃相場がかなり下がっている昨今、このままで借り手は現れるのか?と心配されてのご相談でした。

この家は昭和40年築というかなり古い家ですが、平屋で日当たりが良く、車も2台停められるなど、良い点もかなりありました。

しかし一番の問題点は見た目の印象が悪いことです!

そこで、家づくり代理人からのご提案として、リフォームすることをお勧めしました。

具体的には、

1.外壁と内壁(天井含む)をペンキできれいに塗り直すこと

2.玄関ドアの表面材を貼り直すこと

3.タタミを新しくすること

4.古いキッチンを取り換えること

以上4点でした。ポイントは「今時の感じにセンス良くリフォームすること!」

        

そうしたところ(運が良いことに)ペンキを塗り終え、玄関ドアもきれいになったところで、家を借りたいというご家族がこの家を見に来てくれて、一目で奥様とお嬢様に気に入っていただきました。

直ぐに申込いただき、あっという間に入居者が決まりました。

         

入居者を決めるには、人が見て「住みたい!」と思ってもらうリフォームの仕方が重要ですね!

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例