最新相談事例

最新相談事例

リフォーム 地震後、修理の相談

「地震で家の屋根が壊れた!壁にひびが入った!」

東日本大震災の後、東京エリアでも、家の屋根が壊れた!とか、外壁にヒビ割れが入ったなど、多くのご相談がありました。

   

築年数の古い瓦屋根の家は、瓦の棟(一番上の部分)あたりが壊れるケースが多く、放っておくと、雨水が入ってしまうので、なるべく早くなおしておく必要があります。

この屋根の補修工事は、比較的問題なくできます。

しかし、外壁にヒビ割れが入ってしまう被害の場合、相談があった木造住宅のケースでは、構造体から、外部のモルタル部分が浮いた状態になっていて、根本的に直そうと思うと、外壁を一度剥がして新たに作りなおすことになりますので、費用も多めにかかるので、なおすのも簡単に決断できない様です。今回のご相談は、あまり費用がかけられないとのことで、取敢えずの応急処置として、ヒビ割れた部分にコーキングして雨水等が、壁の内部に入らないようにしておくことになりました。

 

また、別のご相談では、RC造で外壁に大理石を貼ってあるお宅で、地震により大理石が落下したのでどうしたら良いか?と相談を受け、現場を見させていただきましたが、調べたところ、相当箇所の大理石の接着状態が浮き上がっていてこれも、根本的になおすには大掛かりな工事が必要と判断しました。

ご相談者の方は、まだ地震が落ち着いておらず、なおしてまた壊れては…と少し様子を見たいとのことでしたが…。

地震後の家の修理は、家計に大きな問題を残しています。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例