最新相談事例

最新相談事例

不動産 土地の売却についての相談

「全面道路の私道持ち分がないと!」

土地を売却したいとのご相談があり、その土地の状況を調べたところ、全面道路が私道で、ご相談者は、私道の持ち分を持っていないことがわかりました。しかも…

 (写真はイメージです)

私道の持ち分の大半を持っているのが、この土地周辺の住宅地は昔開発した業者でした。謄本を見ると、その業者の持ち分には、市が差押えの登記をしていて、「これはややこしいな」と思いながら、ご近所の方に聞いてみたところ、その業者は既に倒産していて今は無いとのこと。

私道持ち分がない場合に、この土地は購入する人が家を建てるために、銀行ローンを組もうとしても、組めない場合がある。

だから、売却をスムーズに行うには、一般の方の(最終ユーザー)に売るなら、キャッシュで土地代と建築工事代が払える人が、あるいは少し売値は安くなるけれど、不動産業者さんに買ってもらうか、どちらだということになり、家づくり代理人の方から業者さんに話を持ちかけ、直ぐ売却できました。

でも購入してくれた業者さんは、私道持ち分がないせいで、転売するのに2年位かかったようです。

全面道路が私道のときは、持ち分の有無で、売却、交渉の進め方が変わりますのでご注意を!

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例