最新相談事例

最新相談事例

不動産 建築条件付きの土地購入トラブルについての相談

「ローン不成立、それでも工事を着工された!」

不動産相談会を行った時の事。年配のご婦人がとても深刻な顔で来られて、「娘の名義で建築条件付の土地を契約したんだけど、結局ローンが通らずに白紙解約になると思ったら…」

 (写真はイメージです)

売主の不動産業者は「ローンが通らなかったのは、娘さんがちゃんと銀行に手続きしなかったからなので、白紙解約はできない。契約通り工事は始めます!」と一方的に工事を着工したとのことでした。

今時、こんなひどい業者がいるのか!と家づくり代理人もびっくりでした。その土地が近所だったので、一緒に見に行ってみると、確かに基礎工事が行われていました。

家づくり代理人としても、この様に契約書の解釈の違いと、一方的な業者に対して、しかも途中からの交渉は難しい上、弁護士法の問題もあるので、このご相談には「弁護士を通しての交渉をされた方がいいですよ」とアドバイスさせていただきました。

このようなトラブルを避けるには、信頼できる代理人(業者)を通して購入するのが一番だと思います。それと、家づくり代理人の仕事としては、トラブルになってからではなく、トラブルが起こらない様に進めていく仕事だとご理解いただければと思います。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例