最新相談事例

最新相談事例

不動産 地上げ屋さんに「売ってくれ!」と言われての相談

「買う!買う!と言っているけど、なかなか買わない!のはなぜ?」

リーマンショックの直後くらいの時期でした。使っていない空家を地続きの土地を持っている地上げ屋さんから「売ってくれ!」と言われて、「売ってもいいかな。」と思った空家の所有者からの相談でした。

「売ってくれ!」と言うから、売るつもりで交渉しているが、なかなか売買契約を結ばない地上げ屋さん、この行動の真意が分からず困っている相談者。

家づくり代理人のアドバイスは、「『いついつまでに、契約しないなら、お金に困っていないし、縁が無かったと思って売るのは、やめます。』と言ったらどうですか。そうしたら購入してくれると思いますよ!」と言うものでした。

結果、無事に売却できました。売却条件も、こちらの条件をのんでくれました。

「買う!買う!」と言って、なかなか買わない地上げ屋さんの真意を推測すると、空家の所有者が「売る!」と言った時点で、地上げ屋さんにとっては、買ったも同然になっていると言うことです。

売ってくれる見込みのある空家(つまり土地)と、続いている自分の土地を合わせると広くなる。広くなって、より有効に使えるその土地の買い手を探して、買い手が見つかってから、土地を購入すれば、地上げ屋さんのリスクが少なくなる。

でも、売るのをやめられたら、土地を広くすることができない。だから引き伸ばしするのを、あきらめて売買契約を結んだ。

後日談として、その後更に世の中が不景気になり、その広くなった土地は、今も売れずに更地のままです。相談者は、「あの時、売れてよかった。」とおっしゃってました。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例