最新相談事例

最新相談事例

注文住宅 契約書の内容が「これで良いのか?」の相談

「契約書に問題点があっても、1社だけとの交渉では、交渉が難しい!」

「数日後に契約を控えているので、契約書の内容に問題がないか?見て欲しい。」との依頼がありました。契約書を見てみると、施主にとってちょっと不利な点がありました。その内容はというと…

契約書の中の「引渡し」の条項のところに、「いかなることがあろうと、最終残金全額が入金されないと完成した家を引き渡さない。」という文言が書かれていました。

この中の「いかなることがあろうと」と言うところが問題です。例えば、工事業者の責任で遅れた工事の部分が残っていて、引渡し期日が来た場合でも、工事代金の全額を払わないと、施主は引渡しが受けられないことになります。

この内容では、施主にとって良い契約条件とは言えません。そのことを相談者にお話しました。それで、この相談者は、交渉中の住宅メーカーに対して、内容を変えて欲しいと伝えました。

しかし、この条項の文は、一切変えてもらえなかったそうです。それでは、契約内容が不利だから契約しないかと言うと、その相談者は、そことしか交渉していないので、それでも契約するしかないとのことでした。

交渉における基本は、他の選択肢を持っていることです。他の選択肢がないと、交渉相手の条件をのまなければならない破目になります。

ですから、1社だけを相手にする交渉の場合は、よほど相手が信用できる場合を除き、交渉の初期段階で契約書を見せてもらうなど、確認しておくことが必要です。

また、家づくり代理人に、交渉のサポートを依頼される女性の方から、「主人が忙しくて、女の私一人で不動産業者や建設業者に行くと、少しなめた態度で対応される。だから、一緒に同行して欲しい。」という様なお話を何度か聞きました。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例