最新相談事例

最新相談事例

不動産>相続 相続登記についての相談 

「ほっておいた土地に生えている木が倒れて、隣家に被害!」

田舎の土地なので価格も安く固定資産税もかかっていないので、ほっておいた土地でしたが、ある日電話があり、「お宅の土地に生えている木が倒れて、家の屋根が壊れたので直して欲しい!」とその土地のお隣の家の方からでした。

 

それでこの土地の所有者であるご相談者は、土地を持っていてやっかいなことになるなら、土地を処分しようと思われたのです。

しかし、この土地は20年前に相続があった時から、相続登記が済んでおらず、ご相談者の一存では、勝手に処分ができない状況にありました。 

ご相談者は、高齢で心配性な方なので、持っていて他人に被害を与えたら自分に責任がくることをとても心配されていて、何とかしたいとのことでしたので、弁護士、司法書士の両士にご相談し、20年前に片付けるべきだった相続登記を今から実行することにしました。

日頃は、相続登記していようが、いまいがあまり問題ないのですが、いざ売りたいと言う時に、相続登記が終わっていないと自分の土地であっても自分で自由にできないのです。 

まして、20年も経つと当時の相続人も亡くなっている方もいて、そのご遺族が相続放棄してくれるかどうか?確認するのも大変な仕事となりますので、ことさら問題が無くても、今のうちに相続登記は済ませた方がいいと思います。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例