最新相談事例

最新相談事例

リフォーム>雨漏り補修 鉄骨造ALC壁のひびによる雨漏りについての相談

「何社かの業者が来たけど、調査したのはお宅が初めて!」

賃貸ビルのオーナーから、鉄骨造ALC壁2階建ての1棟貸しの賃貸ビルでの雨漏りの相談があり、現地に行って雨漏りの調査をしたところ、このビルを借りている方から…

    外部側

  室内側  

 

「何社かの業者が来たけど、調査したのはお宅が初めてだ!」と言われてびっくりしました。調査しないでどうやって雨漏りを止める対策が打てるのか?不思議ですよね!

 具体的に調査というのは、まず入居されている方から雨漏りの状況をお伺いし、その後建物内外を目視で調査することから始まります。

 今回のケースでは、横殴りの雨の強い日に、2階建ての一階の床(1階は作業場でコンクリートの土間)に水が出てくるということでした。2階の天井などは、雨漏りがないということで、屋根よりも壁及び基礎まわりがあやしいのかと思いながら、建物の内部、外部を見て回りました。

思ったとおり、ALC板とALC板の継ぎ目のところに細いひびがあったり、基礎に接しているALC板の下の角が、地震などで建物が揺れたせいで出来たのかひびがはいっていました。また、基礎とALC板の間のコーキングも多少劣化して隙間ができているようでした。

家づくり代理人としては、おそらくこのあたりが一つ目の大きな原因ではないか?とあたりをつけ、補修方法とその予算を見積り、ご相談者に説明しました。説明を聞かれて「直ぐに補修工事をして欲しい。」とのことでした。

ここからが調査のメインの部分なのですが、この補修工事をするのには足場をかけたりして、費用と手間がかかるのに、補修工事をやってみて雨漏りがとまらないとお互い困るので、工事をする前に実際に建物に水をかけ、本当にそこから水が漏るかを試す調査をしました。

すると、案の定水が漏れ、雨漏りの一つの原因はときとめられましたから(あくまでも原因の一つですが)補修工事を実行することになりました。

雨漏りの原因は複数個所ある場合があるので探すのは難しいですが、一つ一つ見つけていくしかありません。そのためには調査が重要ですよね。

小冊子

小冊子「正しい塗装工事をする前に読む本」 無料プレゼント中!

~失敗しない業者選びのコツお教えします~

一時期の悪質リフォームが蔓延した時期に比べると、被害件数は少なくなったものの、依然として悪質リフォーム業者による被害はなくなってはいません。
この本には、あなたが塗装工事をする際に、業者選びで失敗しないよう、予め知っておいたほうが良い事をたくさん盛り込みました。
お申込みはコチラ

最新相談事例